フィッシングショーOsaka 2017

新年明けましておめでとうございます。早いもので、あれよこれよと忙殺されている内に1月も過ぎ去ろうとしていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

2017年の新しいカタログができあがり、フィッシングショーの季節です。

zeal optics to zeque catalog

zeal optics to zeque catalog

少しだけチラ見せ。2月にはお近くの取扱店頭に届きますが、フィッシングショー会場では一足早く配布しております。

今年は6号館Bゾーン、ブースNo.は「6B-4」

「フィッシングショーOSAKA 2017」

日時:2月3日(金) 業者日 : 10:00~17:00
2月4日(土) 一般日 9:00~17:00
2月5日(日) 一般日 9:00~17:00

開催場所:インテックス大阪 6号館A・Bゾーンおよび3号館(イベント会場)
大阪市住之江区南港北1丁目5-102

眼鏡の上からでもコンタクトレンズでも(そのままでも)使用可能な2wayオーバーグラスや子供達の眼を保護するキッズ用偏光サングラスなど、一味違う新商品も盛り沢山。会場ブースではお楽しみのSNSイベントも開催予定です。公式FacebookやInstagramをチェックしてフォローしておくと、ちょっとイイことがあるかもしれません。会場はWebに繋がりにくいので準備は出発前にお願いします!

Facebook
https://www.facebook.com/zealjp/

Instagram
https://www.instagram.com/zeal_optics/
 

それでは皆様のご来場をお待ちしております。
宜しくお願いします。

新家 邦紹プロのLITE SPORTSインプレ

ライギョ釣りをはじめ水生植物のカバーエリアでの釣り、山岳渓流や海外遠征まで幅広い興味と豊富な知識で精力的に活動を続ける新家 邦紹(にいのみ くにつぐ)プロから画像とコメントを頂きました。以下、ご紹介させて頂きます。

お世話になっております。
先日やっと山岳渓流に行ってきましたので、夕方ナマズ、夕方ライギョとあわせてインプレと写真を送ります。
 

夕方ナマズ

一般的にナマズ釣りというと夜のブラインドフィッシングというイメージがありますが、自分の場合は夜間の釣りはやらずに、基本的に夕マヅメの釣りになります。
夕方はナマズが捕食ポイントに移動したり何かと動く時間帯なので、その動きを見ることができる明るいレンズがあれば、サイトフィッシングも楽しめます。
このLITE SPORTS(ライトスポーツ)は偏光度こそ80%と極端に高くはないものの、十分な水中視界を確保してくれるので、お手軽なナマズ釣りがいっそう楽しくなると思います。スズキのバチ抜け狙いにも使用してみましたが、夕暮れの水面を泳ぐゴカイも確認しやすかったです。

5月下旬の晴天19時。夕方の光量でも使いやすかった。

ナマズがかけても似合う。

夕暮れの瀬。これまでこんな時間帯に使いやすいレンズはほとんどなかった。
 

夕方ライギョ

水生植物がまだ薄いので、ライギョの泳ぐ姿を見ることができます。
特に夕方、それまで陰から出なかった個体がカバーエッジに出ることがあります。
それを見つけるには、やはり明るいレンズがいい。今回は17時~18時はトゥルービュー・スポーツ、18時以降はライトスポーツと使い分けてみましたが、後者の視界の明るさには驚きました。そして前者と視界の色彩が似ている(前者よりやや黄色っぽく感じる)ので、明るさ以外に違和感が少ないのもよかったです。

カバーが薄い季節の夕方、表層を動く魚を見つけるのに好適。

5月末の19時。薄いヒシのエリアを覗きこんでみた。
左がライトスポーツ越しの視界。水面下がはっきり見える。

夕方のこんな植物の高低差のあるエリアでは、裸眼の方が隙間の水が光るので、カバー内のピンスポットへのアプローチは有利。しかしエッジは偏光レンズを通した方が圧倒的に見やすい。
 

山岳渓流

とにかく木漏れ日の明と木立の影の暗が入り乱れます。
濃色レンズだと「暗」の部分で視界が効かなくなります。山岳渓流では偏光グラスは魚を探したり、ポイントを探したりするだけのものではありません。
沢を渡る際の水中の岩の状態や、倒木の状態、危険生物の早めの発見、木々の跳ね返りからの目の保護など用途は多角化します。
以前から裸眼に近い明るさで色が自然に見え、しっかりした偏光度のレンズが欲しかったのですが、ライトスポーツは理想にかなり近いと言えます。
たしかに木陰から遮るものがなく日光が直射する場所に出た時にはまぶしさを感じますが、それも裸眼のような「白っぽい眩しさ」ではなく、若干緩和されたまぶしさなので、目が眩んだような感覚にはなりづらいと思います。

瀬から出たアマゴ。追いも捕食もはっきり見えた。

木漏れ日の明と木陰の暗が入り乱れる山岳渓流や薮沢では、裸眼に近い明るさのレンズが有利だと思う。

木立の深い沢では、日中でも明るいレンズが望ましい。
暗い淵で釣れたこのイワナも、追いから食いまではっきり見えた。

カラーも自然に調和していると思う。その分、置き忘れに注意。
 

 
かなり詳しく書いて頂きまして、ナマズにもよく似合うことがわかりました。
新家邦紹プロ、本当に有難うございました!

ポーカーフェイス神戸店 in 東急ハンズ三宮

先日、POKER FACE 神戸店で開催されたZEAL OPTICS体験イベントの様子をお伝えします。

期間中は釣り大好きなアングラーだけではなく、「偏光サングラス?偏光レンズって何ですか?」という通りすがりのお客様まで色々な方にご来店頂きました。

一般的にはまだまだ調光レンズと偏光レンズを勘違いされている方もおり、店内のフロアの反射や偏光レンズの見え方が体験できるコーナーでご説明すると、皆さんなかなか良いリアクションをしてくれます。

一方で、既にお持ちのZEAL OPTICSのサングラスを持参される方も多く、たっぷりとクリーニングやフィッティングをさせて頂きました。


 

日曜日にはバスフィッシングの秦拓馬プロに参加して頂き、ルアーフィッシングや偏光グラスについて、じっくりとお話を聞かせて頂きました。

東急ハンズで購入した材料でルアーの試作品を作っていた話から、開発中の新作ルアーについて。そして、ルアーのチューニング方法など釣り人話に花が咲きます。

秦拓馬プロご自身が昔から視力が悪く、長年の眼鏡ユーザーのためメガネや偏光サングラスについては強いこだわりをお持ちです。現在、秦拓馬さんに使用して頂いている2016 NEWモデル、ジールのLeman(レマン)については「見た目によらず、掛けるとめちゃくちゃ軽くてフィット感が良い。とにかくレンズが大きくて視界が広く、さらに遮光性も高いので広範囲や遠くの魚もすごく見やすい。」と良いコメントをたくさん頂きました。


 

秦拓馬プロのトークショーが続いた後は、お楽しみのじゃんけん大会で盛り上がりました。

なんと未来の釣りガールが勝ち残って、豪華ルアーをゲット。将来が楽しみですね。
 

トークショー終了後、秦拓馬さん直伝のルアーチューニング講座にお客様も興味深々。

ほぼ一日中、ファンの方や色々なお客様と交流して頂き、皆様にも喜んで頂けたかなと思います。秦拓馬プロ、お忙しい中で本当にありがとうございました。

今回のイベント期間中にご来店頂きましたお客様、そしてイベント開催にご協力頂きました関係者の方々にこの場を借りて厚くお礼申し上げます。誠に有難うございました。