菊元俊文Toshifumi Kikumoto

PROFILE
初代JBワールドチャンピオン。トーナメントを離れた現在はタックル開発に励む。ビッグベイト・巻き物・ラバージグをメインにした豪快なスタイルで、テレビや雑誌など各メディアでも活躍中。トーナメンターと一般アングラー、そのどちらのスタイルも深く理解している。

偏光サングラスは帽子やライジャケと同じように、安全のためにも絶対必要。でも、どうせならカッコエエのがいいよな。

ネストのサイトをしない自分にとって、サイトフィッシングとは水中の変化・地形の変化・水面の変化などから情報を得ること。水面を跳ねる小魚から、チェイスしてくるバスから、水中に沈むストラクチャーから、時には魚探以上に物凄く沢山の情報を得ることができる。トーナメントのプラクティスでは時間をたっぷり使って、魚探をかけてピンスポットのストラクチャーを見つけることもできるけど、取材というぶっつけ本番の場ではそんな時間はかけられへん。短時間で一から探さなあかん。いま自分は一般アングラーとほぼ同じ立場で釣りをしている。でも、スポットを見つけるのに偏光サングラスがあれば、影だけ見えているストラクチャーがウィードなのか、ロックなのか、杭なのかもわかるし、一見オイシそうに見えるレイダウンが実は滅茶苦茶シャローで全然オイシないスポットやった、ということまでわかる。水面のベイトが教えてくれることもいっぱいあるし、偏光グラスが無くて見えへんかったら釣れへんかったかも、ということもいっぱいある。
波立ってて見にくい状況でも、エエ偏光グラスがあれば見えるしな。
エエ竿イッパイ買うよりエエ偏光1本買ってください。明らかに釣果が変わるから。

自分は普段からずっとメガネやったから、偏光サングラスも掛けるのが当たり前になっているけど、まだまだ使っていない人は多い。偏光サングラスは、帽子やライジャケと同じように安全のためにも絶対必要。釣りは面白いけど危ないこともある。
昔、同船していたパートナーの眼鏡がランディング時のアクシデントで割れてしまって、ヒヤヒヤものだったことがある。
パンチングで合わせ損なった時に木の枝でラインの角度が変わって、肩にシンカーが弾丸直撃してしまったこともある。
どんな遊びでも安全あってのモノ。失明してからじゃ遅いもんね。ジールは種類もいっぱいあって自分に似合うものを選べるし、機能を持ったデザインやと思う。
Vanq(ヴァンク)やVanq gaga(ヴァンクガガ)はひと目でデザインが気に入った。
サイドから風が抜けて、釣れへん時にハァ~って溜息ついても曇りにくいしな。

昔はプロでも偏光にはお金を掛けへんかったし、普通のサングラスでやってた人も多かった。でも今は選択できる時代、どうせならカッコええものを掛けたいよな。昔は釣りは一番汚い格好でするものやったけど、自分達プロは機能もデザインも満足できるものを選んで、初心者が見てもカッコええ、欲しいと思うものを身に着けるべきやと思う。
格好から入ってもそれが本当にいい物なら上手くなった時にわかるし、自分達はそういう物を作ってると自負してるしな。ジールはこれからも常に最先端で機能を持ったデザインとして、より完成された本物として進化していって欲しい。