重見典宏Norihiro Shigemi

PROFILE
日中のイカ釣りを世に広めた、エギング黎明期から活躍するレジェンド。デイゲームのエギングを開拓し、ボトムや流れを釣る一貫したスタイルと身軽なフットワークを武器に日本全国のフィールドに出没する。そのキャラクターと自由なフィッシングスタイルでファンを魅了する。

年がら年中、偏光グラスを掛けていて感じることは、とにかく軽くて楽なのが一番いい。イーズグリーンのレンズで、朝から暗くなるまで一日中使える。

アオリイカで一番面白いのはサイトや。
サイトでエギとイカの動きを見ることが、エギングで一番の勉強になる。
ブラインドにも生きてくるしな。特に見えイカの多い秋は、偏光グラスがないと損してると思うわ。昔はUVカットだけのただの色つきサングラスがほとんどで、偏光グラスも品質が悪いものが多かったけど、みんなそれでやっていた。そう考えたら今は、ほんまに見やすくなったなぁ。レンズもたくさん種類が増えたし。朝から暗くなるまで一日中使っていられるイーズグリーンが明るくていい。老眼対応もめっちゃ嬉しい。釣りだけじゃなく、車の運転や普段の外出でもこればっかりずっと使ってますわ。
偏光グラスがなくて困ったこと?掛けてないことがないから、ないわ。
年がら年中、偏光を掛けているから使えば使うほどわかるけど、とにかく軽くて楽なのが一番いい。いま使ってるVanq(ヴァンク)とワイド版のVanqgaga(ヴァンクガガ)は、横からの光が入りにくいようにできているし、大きくて軽いから楽。掛け心地が軽いし締めつけもない。
おかげでいまは普通のメガネはほとんど使わなくなった。

エギングで何のための偏光サングラスかと言うと、テトラポッドがあって、磯場が点在していて…その中に一つ、こういう沈み根がある。ほら、あそこにも。水面がギラギラした状態では見づらいけど、偏光グラスを掛けるとそれが把握できる。そして自分の投げたエギやラインも、偏光グラスを掛けていれば見やすい。 どこにエギがあるかが目でわかるし、それに追いてきているイカがいれば、次は、そのエギでどんなことをすればイカが興味を示すのか、どんな動きをイカが嫌がるのかは、自分の目で反応を見ればわかる。その感覚は、今度は沖のディープに潜むイカを狙うときに役に立つ。キャストして沖の深場でエギの動きを想像しながら、全くそのままではないけれど、近い気持ちでやったらイカは釣れる。そのためにも偏光サングラスはあった方が良いわ。やっぱり勧めたいのは「目で見る」こと。目で見て、覚えて、沖でやる。