福田和範Kazunori Fukuda

PROFILE
トラウトキング初参戦で優勝。以降、5年連続エキスパート、並び2009・2010年のダブルマイスターに輝くなど、数々のエリアトーナメントで栄光を手にする。雑誌での連載やFM栃木のパーソナリティも務め、マルチに活躍するエリアエキスパート。

気軽に楽しめるエリアフィッシングでは、機能性・耐久性などはもちろんですが、ファッション性も忘れてはならない要素です。シンプルかつ高アピールなデザインが好きな僕には、VeroTieraは一目惚れでした。

栄誉であるトラウトキング選手権2年連続マイスターや管理釣り場ドットコム・シリーズチャンピオンなどを獲得するにあたって、ジールの偏光サングラスはなくてはならないアイテムでした。何よりも掛けていることを忘れる軽さ、そしてフィット感は集中力をUPさせてくれます。集中力は1秒・1匹を争うライバルとの駆け引きには必要不可欠な要素です。特に魚がスレきった決勝戦などでは体力・精神力ともに限界の状況です。
そんな時でも、身体の一部と化した偏光グラスは良好な視界とともに安心感を与えてくれるのです。サイトフィッシングを得意とする自分はリトリーブの際に、引いてくるルアーを凝視することなく全体的に様々な情報を見ながら誘いをかけます。少し離れたところの魚が興味を示したことも瞬時にわかります。それはバランスのとれた偏光グラスがあればこそだと思います。「なぜこの状況で福田は釣れるの?」
誰にも負けない僕の集中力は、ジールサングラスの賜物です。

気軽に楽しめるエリアフィッシングにおいて、機能性・耐久性などはもちろんですが、ファッション性も忘れてはならない要素です。シンプルかつ高アピールなデザインが好きな僕には、VeroTiera(ヴェロティエラ)は一目惚れでした。何よりもコンパクトなサイズは、自分のスタイルにはぴったりです。集中力が勝負であるエリアトーナメント参戦においても、掛けていることを忘れるほどの軽さはとてつもない戦力になっています。

軽量にも関わらず、しっかりとした造りは過酷な使用にもしっかり応えてくれます。レンズとの相性もばっちりで、本当にバランス良くできた偏光サングラスだなと実感しています。機能性とデザイン性の両立は難しいことと思いますが、どちらも需要は高いはずです。
大きい方が遮光性があるのはわかりますが、小顔の人には似合いません。 比較的コンパクトなVeroTiera(ヴェロティエラ)のように、モデルによってはサイズ違いのラインナップや、ジュニアや女性向けにもなるラインナップが充実すればもっといいと思います。もちろんどのモデルも全てにおいてバランスのとれたサングラスです。 どれを選ぶかは単純にデザインで決めていいと思います。めいっぱいおしゃれして魚さんとのデートを楽しみましょう~!